2018年2月9日金曜日

【Amusement IC】e-PASS、バナパス、Aimeが統合!何故ネシカは除外されたのか?

Amusement IC誕生!!

JAEPO 2018初日の今日ですが、アーケードゲーム界に大きな動きとなる発表がありました。
それが、セガ、コナミ、バンナムでそれぞれ発行しているアーケードゲーム機に使用するICカードを統合するというもの。
現在もセガのAimeとバンナムのバナパスは互換性があってどちらのカードも同じく使用することができたので、コナミがそれに加わったという風にも考えられますね。

ただ、ここで一つ気になるのがもう一つのICカードのタイトーの「NesiCa(ネシカ)」が含まれていないということ。
これは単にタイトーが仲間外れにされた訳ではなく、技術的な理由があってのことと予想されます。

同じように見えて違うICカード

上にも書いた通り、現在アーケードゲームで使われているICカードにはいくつかの種類があり、互換性があるもの・ないものがあります。

音ゲーブログなので音ゲー中心で考えると、一番使うのがBEMANIシリーズで使うコナミの"e-Amusement PASS"。
次に、セガのチュウニズムやmaimai、バンナムの太鼓の達人やシンクロニカ、カプコンのcrossbeats REV.で使う"Aime"と"バナパス"。この2つは互換性があるためにどちらのカードも同じように使うことができます。
そして、タイトーのグルコスや、スクエニのスクフェスACやシアトリズムFFACの"NesiCa"
現在、主要で使われているのはこの4つです。

技術的な面で見ていくと、e-Amusement PASSは「ISO 15693(NFC-V)」という規格が使われています、同様にAimeバナパスNesiCaでは「MIFARE(NFC-A)」という規格が使われています。
※公表されているデータではないので不確定ですが…
種類 規格
e-Amusement PASS ISO 15693(NFC-V)
バナパスAime MIFARE(NFC-A)
NesiCa MIFARE(NFC-A)
これだけ見れば「あれ?Aime・バナパスとNesiCaが同じ規格なら統合できるのでは?」と思うことでしょう。
もちろん自分も思ったことですが、恐らく統合できなかったヒントがおサイフケータイでした。

カードリーダーで読み込める規格・読み込めない規格

規格が複数あることは上に書いた通りですが、ゲーム機で採用されているカードリーダーは全ての規格が使える訳ではなく、対応した規格のみが読み込めるようになっています。

e-Amusement PASSAimeバナパス対応のゲームにはスマートフォンのおサイフケータイ(FeliCa)をカード代わりに使える機種があります。
おサイフケータイは「FeliCa(NFC-F)」という規格で、「ISO 15693(NFC-V)」や「MIFARE(NFC-A)」とも違う規格です。
種類 規格
e-Amusement PASS ISO 15693(NFC-V)
バナパスAime MIFARE(NFC-A)
NesiCa MIFARE(NFC-A)
おサイフケータイ FeliCa(NFC-F)
おサイフケータイ(FeliCa)をカード代わり使えるということは、FeliCa(NFC-F)の読み込みにも対応しているカードリーダーだということになりますね。

一方で、NesiCa対応のゲーム機はおサイフケータイをカード代わりに使うことが出来ないために採用しているカードリーダーがFeliCa(NFC-F)を読み取ることが出来ないと推測されます。
e-Amusement
対応ゲーム機
バナパス・Aime
対応ゲーム機
NesiCa
対応ゲーム機
e-Amusement PASS
ISO 15693(NFC-V)
×
×
バナパスAime
MIFARE(NFC-A)
×
×
NesiCa
MIFARE(NFC-A)
×
×
おサイフケータイ
FeliCa(NFC-F)
×
Amusement IC
不明
×
◎ 採用規格、〇読み込み可能、×読み込み不可
表にまとめると上の通りです。

【予想】Amusement ICにはFeliCaが使われる?

e-Amusement PASSバナパスAimeの統合が今回発表された内容です。
ですが、この2つは規格が違うために1つにまとめることは出来ない。
「では、どうするのか?」と考えたときに「FeliCaを使うのでは?」と思いつきました。
そう考えると、FeliCaに対応していないNesiCaを含めることは出来ないというのも納得ですね。

「今のe-Amusement PASSがチュウニズムにも使えるようになる」という認識の人もいたのですが、今回書いた規格のことを考えるとそうではなく、「新しく発売されるAmusement IC対応のカードなら遊べるよう」になるが正しいのではないか?と予想されます。

考え方によっては、MIFARE(NFC-A)の統合は出来るんだろうから、e-Amusement PASSを除く他3つの統合ということは可能だったのでは?
セガ&バンナムが、「コナミを取るか?タイトーを取るか?」という選択で今回の形を選んだということに・・・?

参考にしたサイト

2018年1月23日火曜日

【コラム】音ゲーとハードウェアチート

チートとは?

皆さん"チート"と聞いたらどういうものを思い浮かべるでしょうか?
「RPGで一気にレベル99になる」、「アクションゲームで無敵になる」、「音ゲーのオートプレイ(自動演奏)」というものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
これらは"チート"の中でも改造コードと呼ばれるもので、当然ゲームをプレイするうえで推奨されるものではありません。オンラインゲームではBANになる行為です。

チート(cheat)は、英語で「騙す」「イカサマをする」等の意味があり、ゲームでは一般的に「ズル」のことを指すことが多いです。

今回取り上げるのは"チート"でも、改造コードとはちょっと違う"チート"です。
自動演奏とかの改造コードの内容を目的として読んでいるのであれば違いますのでブラウザバック推奨。

ハードウェアチート

そんなチートの中で今回取り上げるのはハードウェアチートです。
ハードウェアチートとは、その名の通りソフトウェアではなくハードウェア(物理的)に何かをしてズルすることを指します。

連射機能付きのマウスや、1つボタンを押すことで格ゲーのコマンドみたいなものを入力するとかそういうものが一般的にハードウェアチートと呼ばれるものです。

音ゲーでも自作で自動演奏マシンを作ってる人はいました。
これは物理的に何かをしてズルしてるのでハードウェアチートと呼べるものじゃないでしょうか?w
多くの人はこんなのは作れないですし、作ろうとも思わないでしょう。
でも、ハードウェアチートとはこういう"機械"だけではありません。
※ デレステも太鼓の達人の自動演奏マシンもそれを使ってランキング上位を目指そうとかそういう目的で作ったのではなく"ネタ"ですので、そこを責める目的で書いている訳ではありません。
 「"音ゲー ハードウェアチート"で連想するものはこういうものでは?」と書いたまでです。

シール一つで出来るハードウェアチート(FPS)

CoDやBF等のFPSゲームは、銃を構えると画面中央に照準が合うようにゲームが作られています。
でもこれは銃を構えるまでは正確な位置が分かりません。
そこで、画面中央の照準の位置に「シール」を貼り、銃を構えていない状態でも照準が分かるようにするという方法があります。
実はこれもハードウェアチートの一種なんです。

勝手に照準が合う訳でも何でもなく、照準が合わせやすくなるだけなのですが、それでも効果はあるようです。
「FPSターゲットシール」なんていう商品が売られているくらい有名なズルです。

こう考えたときに、音ゲーにもとても簡単ですぐにでも出来るチートがあるなと思ったところです。

SUD+はもともとはハードウェアチート?

beatmania IIDXにはSUDDEN+(SUD+)というオプションがあります。
SUD+はbeatmania IIDX 12 HAPPY SKYで実装されたオプションですが、実装前にもタオルや紙で画面の一部を隠しプレイしやすくするという方法がありました。

そして、そのタオルや紙を使ったプレイはズルではないのか?と掲示板等で議論がされていました。
beatmania IIDX 8th style公式サイトのQ&Aで「Q: 紙を使ってIRに登録することを禁止にできないものでしょうか?」という質問が掲載されたこともあります。
その時は、効果があるとは思えないので禁止にもしないということでしたが、実際は数年後にオプションとして実装され今では一般的に使われるようになったのです。

SUD+風のことは他の音ゲーでも簡単に出来る

最近は、スマホでも多くの音ゲー(リズムゲーム)が配信されています。当然ですが、これらのゲームにはSUD+と同等のオプションはありません。
オプションはありませんが、IIDXでも元々はタオルや紙で画面を隠していたように、物理的に何かで隠して同じ効果を得ることは出来ます。

IIDXをプレイしていない人だと、「わざわざそんなことする必要ないでしょ。ハイスピで調整すればよくね?」と思うかもしれないです、上のIIDX 8th styleのQ&Aでも開発スタッフが効果あるとは思えないと書いているくらいですからね。
でも、IIDX等にはオプションとして実装されており、それを使ってる人が多いという事は効果があると思う人がいるということなんじゃないでしょうか。

ただし、上にも書いてきた通り、ハードウェアチートと呼ばれる行為の一種に該当すると思われ、それを嫌う人もいます。
オプションとしてないゲームでSUD+風のことをすることを善か悪かの結論をここで決めるつもりはありませんが、個人的には「SUD+は効果があるもので、使うことはそこまで悪いことではない」と考えています。

2018年1月17日水曜日

【jubeat plus / REFLEC BEAT plus】一部ミュージックパックが配信終了に 対象パックの再ダウンロードも不可

最近ではアプリのマンネリ化も感じ遊ぶ機会が減りましたが、それでも音ゲーアプリの中では出来のいいアプリと思っているjubeat plusとREFLEC BEAT plus。
どちらも最近ミュージックパックの配信ペースが減り悲しい状態ですが、さらに追い打ちをかける悲しいニュースがありました。

一部 ミュージックパック 配信終了のお知らせ


2018/01/16一部 music pack 配信終了のお知らせ
下記日程にて一部 music pack の配信を終了致します。
また、再ダウンロードもできなくなりますので予めご了承ください。
2018/1/29 10:00:00 配信終了
◇ ALI PROJECT pack 2
◇ BUZZ THE BEARS pack
◇ Cyntia pack
◇ FictionJunction pack
◇ May'n pack
◇ May'n pack 2
◇ Rhodanthe* pack
◇ Rhodanthe* pack 2
◇ ROUND TABLE featuring Nino pack
◇ Schroeder-Headz pack
◇ Trident pack
◇ アクエリオン pack
◇ 新居昭乃 pack
◇ アルカラ pack
◇ 家入レオ pack
◇ 家入レオ pack 2
◇ 家入レオ pack 3
◇ 石川智晶 singles pack
◇ 彼女がフラグをおられたら pack
◇ 坂本真綾 pack 1
◇ 坂本真綾 pack 2
◇ 終焉-Re:write- pack
◇ 石鹸屋 pack
◇ 千菅春香 pack
◇ 中島 愛 pack
◇ ナノ pack
◇ ナノ pack 2
◇ 南里侑香 pack
◇ ニューウェイヴ・カヴァーズ feat. ボカロ pack
◇ 野水いおり pack
◇ ヒステリックパニック pack
◇ ぼくのりりっくのぼうよみ pack
◇ 吉田凜音 pack
◇ ラストエグザイル 主題歌 pack
お客様にはご不便をお掛け致しますが、
引き続きjubeat plusをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
引用元:jubeat plus公式サイト


2018/01/16一部 MUSIC PACK 配信終了のお知らせ
下記日程にて一部 MUSIC PACK の配信を終了致します。
また、再ダウンロードもできなくなりますので予めご了承ください。
2018/1/29 10:00:00 配信終了
○ ALI PROJECT PACK
○ Cyntia PACK
○ DJ PMX PACK
○ FictionJunction PACK
○ May'n PACK
○ May'n PACK 2
○ Rhodanthe* PACK
○ ROCKETMAN PACK
○ Schroeder-Headz PACK
○ アクエリオン PACK
○ アルカラ PACK
○ 家入レオ PACK
○ 家入レオ PACK 2
○ 彼女がフラグをおられたら PACK
○ これはゾンビですか? PACK
○ 坂本真綾 PACK 1
○ 坂本真綾 PACK 2
○ 終焉-Re:write- PACK
○ 石鹸屋 PACK
○ 中島 愛 PACK
○ トーンジュエル PACK
○ ナノ PACK
○ 山口リサ PACK
お客様にはご不便をお掛け致しますが、
引き続きREFLEC BEAT plusをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
引用元:REFLEC BEAT plus公式サイト


jubeat plusで34パック、REFLEC BEAT plusでは23パックが配信終了になります。
今までも配信終了になったミュージックパックはありましたが、ここまで大量に同時に配信終了になったのは今回が初。

今回の配信終了パックは再ダウンロード不可

今までの配信終了とは異なり今回の配信終了のミュージックパックは再ダウンロードも出来なくなるという一文があります。
これが今までの配信終了と取扱いが違うのか、それとも今まで書いてなかっただけで実は今までも再ダウンロードは出来なかったのかは不明ですが、少なくとも今回のミュージックパックは一度消したら再ダウンロードは出来ません。
一度ダウンロードして端末に入っている曲は、配信終了後も制限なく遊べるのでそちらは問題ないです。

再ダウンロード不可の問題点

消さなければ遊べると上で書きましたが、必ずしもそうはいかないのが機種変更などのデータ移行。
アップル、コナミともに機種変更の際はiTunes等を利用したバックアップ・復元を推奨しています。

以前はiTunesでバックアップをした際はアプリを含むすべてのデータ(ファイル)をコピーし、復元を行うとそのデータが復元されました。
それがiOS 9の頃から、アプリは設定等のみバックアップされ、復元を行った際はApp Storeからアプリ本体をダウンロードするようになりました。

以前の方法であれば、jubeat plus、REFLEC BEAT plusで購入したミュージックパック(曲データ)のデータもバックアップ・復元されていたのですが、変更後はスコア等のデータは復元されますが、購入したミュージックパック(曲データ)は復元されません。
復元するためにはアプリ内のSTOREから再ダウンロードが必要です。

昔は非純正のバックアップツールがありましたが、iOS 8くらいのセキュリティ強化に伴い使うことが出来なくなったために、手動で古い端末からデータをコピーすることも出来ません。

つまりは、再ダウンロードが出来ないというのであれば、機種変更をした新しい端末に今回配信終了になる曲を方法が無いという状態に。


楽曲利用の契約先であるレコード会社等いろんな関係があって再ダウンロード不可という事になったのでしょうが、別の問題(こっちはアップルの関係)でデータの引っ越しが出来ないとなるとどうしたらいいものか。

2018年1月10日水曜日

【IIDX】INFINITAS収録曲数が300曲を突破!現状の月8曲追加は妥当なのかを考える

2018年一発目の記事

2018年になりました。
更新ペースが劇的に減っていますが、ネタがあれば細々と更新していきたいと思います。

INFINITASの追加曲数を考える

収録曲総数は300曲を突破

今回の話題は、beatmania IIDX INFINITASです。
1月4日にアップデートが行われ、全曲所持しているのであれば収録曲が300曲を超え301曲になりました。
「曲が少ない、少ない」と言われていましたが、300曲を超え遊ぶには十分な曲数になってきたのではないでしょうか?

とはいえACに比べると曲が少ないので、今でもそれは変わらないというか少ないイメージが定着しているのと、SDVX CLOUDの従量課金が700曲以上遊べるので、少ないと言われるのは変わらないかもしれないですね。

まぁこればっかりは徐々に曲が増えて「遊べる曲がたくさんあるじゃん」というのが浸透するのを待つしかないのかもしれないですね。

追加曲は毎月 8曲+不定期開催のイベント曲

そこでの課題というかもう一つよく言われる「毎月の追加曲数が少ない」というもの。
INFINITASは現在、契約していれば無条件で解禁する曲が2曲とBIT解禁で6曲の8曲が追加されています。

「月に8曲ww少なwww」っていうのはよく言われることですが、実際は8曲×12か月=年間96曲が追加されています。
これに加えてイベントや楽曲パック等の不定期に+αで追加される曲も加えれば年間100曲以上が追加されています。
年間100曲と言われてもパッと来ないかもしれないですが、ACの新作が約1年周期で稼働しています。

AC SIRIUSであれば新曲が66曲。PENDUAL~SINOBUZ辺りであれば新曲100曲弱でした。
つまり、SIRIUSと比較されればそれ以上のペース、PENDUAL~SINOBUZ比較するとほぼ一緒のペースで追加はされているんですね。

もしペースアップすると?

当然、現在配信されている1stからLincleまでの曲と考えればまだまだストックあるのですが、これが今以上のペースで配信されてストックがなくなったときに配信する曲がないという状態になってしまう訳です。(オリジナル曲を追加という方法は考えにくい)

ストックがないなら追加曲無しでもいいんじゃとも思うのですが、月額課金でサービス提供しているので毎月のアップデートはしないと「今月は契約しなくてもいいや」という考えの人が増えてしまいます。
※契約していると無条件で2曲追加されるのは、恐らく契約を続けさせるための手法

なぜ曲が少なく感じるのか

追加曲が少ないと言われる(思われている)理由の一つは☆12曲や、人気曲の出し渋りや古い曲の追加が多いという点があるんじゃないかと思う。

お菓子曲とか出すタイミングを見計らっているのかわからないけど、追加してもいいんじゃないのかな。

最近はGOLDやDJTの曲が追加されることが多いので、古い曲ってのはちょっとずつ新しい曲になっているようですが。

まとめ

まとめると、INFINITASは現状でも年間 約100曲は追加されている。
このペースはACとほぼ一緒で、INFINITASに収録出来ない版権曲とかも考慮するとこれ以上のペースで配信してしまうといずれストックがなくなってしまう。
ということで、追加曲は決して少ない訳ではない、そしてこれ以上のペースアップは難しいという考えになりました。