2018年1月10日水曜日

【IIDX】INFINITAS収録曲数が300曲を突破!現状の月8曲追加は妥当なのかを考える

2018年一発目の記事

2018年になりました。
更新ペースが劇的に減っていますが、ネタがあれば細々と更新していきたいと思います。

INFINITASの追加曲数を考える

収録曲総数は300曲を突破

今回の話題は、beatmania IIDX INFINITASです。
1月4日にアップデートが行われ、全曲所持しているのであれば収録曲が300曲を超え301曲になりました。
「曲が少ない、少ない」と言われていましたが、300曲を超え遊ぶには十分な曲数になってきたのではないでしょうか?

とはいえACに比べると曲が少ないので、今でもそれは変わらないというか少ないイメージが定着しているのと、SDVX CLOUDの従量課金が700曲以上遊べるので、少ないと言われるのは変わらないかもしれないですね。

まぁこればっかりは徐々に曲が増えて「遊べる曲がたくさんあるじゃん」というのが浸透するのを待つしかないのかもしれないですね。

追加曲は毎月 8曲+不定期開催のイベント曲

そこでの課題というかもう一つよく言われる「毎月の追加曲数が少ない」というもの。
INFINITASは現在、契約していれば無条件で解禁する曲が2曲とBIT解禁で6曲の8曲が追加されています。

「月に8曲ww少なwww」っていうのはよく言われることですが、実際は8曲×12か月=年間96曲が追加されています。
これに加えてイベントや楽曲パック等の不定期に+αで追加される曲も加えれば年間100曲以上が追加されています。
年間100曲と言われてもパッと来ないかもしれないですが、ACの新作が約1年周期で稼働しています。

AC SIRIUSであれば新曲が66曲。PENDUAL~SINOBUZ辺りであれば新曲100曲弱でした。
つまり、SIRIUSと比較されればそれ以上のペース、PENDUAL~SINOBUZ比較するとほぼ一緒のペースで追加はされているんですね。

もしペースアップすると?

当然、現在配信されている1stからLincleまでの曲と考えればまだまだストックあるのですが、これが今以上のペースで配信されてストックがなくなったときに配信する曲がないという状態になってしまう訳です。(オリジナル曲を追加という方法は考えにくい)

ストックがないなら追加曲無しでもいいんじゃとも思うのですが、月額課金でサービス提供しているので毎月のアップデートはしないと「今月は契約しなくてもいいや」という考えの人が増えてしまいます。
※契約していると無条件で2曲追加されるのは、恐らく契約を続けさせるための手法

なぜ曲が少なく感じるのか

追加曲が少ないと言われる(思われている)理由の一つは☆12曲や、人気曲の出し渋りや古い曲の追加が多いという点があるんじゃないかと思う。

お菓子曲とか出すタイミングを見計らっているのかわからないけど、追加してもいいんじゃないのかな。

最近はGOLDやDJTの曲が追加されることが多いので、古い曲ってのはちょっとずつ新しい曲になっているようですが。

まとめ

まとめると、INFINITASは現状でも年間 約100曲は追加されている。
このペースはACとほぼ一緒で、INFINITASに収録出来ない版権曲とかも考慮するとこれ以上のペースで配信してしまうといずれストックがなくなってしまう。
ということで、追加曲は決して少ない訳ではない、そしてこれ以上のペースアップは難しいという考えになりました。

0 件のコメント :

コメントを投稿